妻の不満を愚痴る不倫男。一切同情するなかれ!

不倫した期間自体は短かったものの、不倫なんかした女を妻にしてくれる男がいるのだろうか?と、毎日、不倫をした自分に後ろめたさを感じています。
不倫は覚せい剤のようなものです。
一瞬の快楽の後、一生の後悔が付きまといます。

私は当時、28才。不倫相手も自分と年齢は同じくらいでした。
その男が結婚した理由は妻の望まない妊娠だそうです。
双方の仲は最初から冷えきっており、子供がいなければとっくに別れていると職場でしょっちゅう愚痴っていました。

勤務態度は真面目で上司からの信頼もあつく、そんな人が奥さんの悪口をいうので、彼の妻はよほど問題のある人物なのだろうと皆が思っていました。
正直、この時点では一切彼を男として見ていませんでした。
しかし、飲み会の後二人だけになり、暴露話をしているうちに彼からホテルへ誘われました。
酔っていたこともあり、深く考えず関係をもってしまったのがそもそもの間違いでした。

秘密のお付き合いを継続していくうちに、私とそうなる半年前まで同僚と1年間だけ不倫していたことを知りました。
将来性がなく、閉鎖的な関係に耐えられず、別れを切り出すと、離婚するから一緒になろうと不倫男の常套句を言ってきました。
しかし、最後には子どもを理由に破棄。
これ以上、身体だけの関係継続に嫌気がさし自分から一方的に別れを告げました。

不倫する人間に被害者はなく、双方ともに加害者です。
私は本当に大馬鹿でした。
浮気や探偵調査はこちら