メイク道具の手入れ方法!メイク道具を美人にしてあなたも美人に!

メイク道具の手入れ方法!メイク道具を美人にしてあなたも美人に!

お顔を綺麗に変身させてくれるお化粧ですが、肝心のメイク道具のお手入れを忘れてはいませんか?
お手入れせずに使い続けたメイク道具は、なんとトイレの便座よりも汚いのだとか。

メイク道具は使う度に、化粧品の成分、皮脂や汗、古い角質、埃などが積み重なっていきます。
すると、そこには雑菌が繁殖し、それがお化粧の度に素肌に触れるわけですから、肌に良いはずはなく、肌トラブルの原因になってしまいます。

アイメイク道具には、特に注意が必要です。
目の粘膜やその周辺に雑菌が触れることで、結膜炎やモノモライを発症するケースが増えているそうです。
暫くアイメイクができなくなり、辛いですよね。

更に、汚れたメイク道具でお化粧すると、筋ができたり、化粧の乗りが悪くなったりします。
肌荒れや化粧乗りの悪さは、実は道具のせいかもしれないことも覚えておきたいですね。

【メイク道具を清潔に保つ方法】

できるなら、毎日洗ってきれいにしたい所ですが、そんなわけにもいきませんので、毎日メイクの後にふき取る癖をつけてみましょう。
メイクで使ったスポンジやパフ、ブラシやチップやビューラーは、1度ティッシュでふき取ってから定位置に収めます。
たったこれだけでも、汚れが蓄積するのを防ぐことができます。

チーク用の大きなブラシなどは、手の甲や腕でサッとはたくだけでも効果があります。
目元に使用するビューラーは、除菌ウエットティッシュを使うとよいです。

【洗うタイミングと洗い方】

毎日ふき取っていても、やっぱり定期的に洗う習慣をつけたいものです。
ファンデーションのスポンジ、パフやブラシ類は、週に1度洗うとよいです。

メイク道具専用のクリーナーがあり、これは道具を傷めにくく、抗菌効果もあります。
石鹸や台所用の中性洗剤でも洗うことができます。

スポンジやパフは、乾いたまま洗剤を浸けて揉み、汚れが浮き上がったら、洗面器に溜めたぬるま湯の中でもみ洗いしながらすすぎます。
スポンジを握っても泡が出てこなくなるまで、何度かお湯を替えてすすいで下さい。
チップやブラシは、洗剤を溶いたぬるま湯に浸けて洗い、よく漱ぎます。

【乾かし方】

ポイントは、しっかり乾かすことです。
水気を軽く絞ったら、タオルでポンポンとふき取ります。
スポンジなどは形を整えて、ブラシは毛先を整えてから陰干ししてよく乾かしましょう。

手で強く絞ってしまうと、型崩れや傷みの原因になるので注意。
また、生乾きのまま使用すると、かえって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

【ブラシのお手入れ】

洗わない方がよい、或いは洗えないブラシもあります。
天然毛でできたブラシは、ベビーパウダーやコーンスターチを入れた袋の中でブラシを動かします。

パウダーが汚れを吸着して、きれいになりますよ。
リップブラシは、ティッシュで拭った後、スキンケア用オイルを使って汚れを浮かせ布で拭き取るときれいになります。

【予備をストック】

定期的にお手入れを実行するには、予備の道具を持っておく必要があります。
洗って乾かなくても安心できるように、すべての道具の予備を準備しておきましょう。

またヘタってきたら、迷わず新しいものに取り替えましょう。

【お手入れの大切さ】

道具をマメにお手入れすることが、美しい肌と美しいメイクのためには不可欠です。
メイク用品の成分や使用感にはこだわるのに、道具が不衛生では美しくなれません。

こんな重要な事を、意外と見落としているのではないでしょうか。
きちんと整理され、メンテナンスの行き届いたメイク道具がそろった化粧台やポーチは、気持ちがよいものですよ。

●スキンケア・ヘアケアなど美容情報満載のオススメサイトをご紹介します。
福山市尾道市の美容院探しはコレッゾビューティー